So-net無料ブログ作成
検索選択

虹がかかりました [汐見台の風景]

008.JPG

昨日の夕立のような激しい雨の後、空に大きな虹がかかりました。

大きすぎてレンズにおさまりませんでした。。。

005.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トニーレオンの [雑記]

中毒となっております。

アイドルにも韓流スターにもハリウッドスターにも嵌ることがなかったのですが。

きっかけは今春の封切直後に観た「レッドクリフPartⅡ」。
PartⅠを観た時はそこまで気になる俳優ではなかった(名前は知ってたけど)。
俳優より八卦の陣などの戦略に「ほおーー」と歴史に滅法疎い私は感嘆してたので。

しかしPartⅡのお団子をモグモグほおばるあの憂いを帯びた表情で彼が気になりはじめたのです。

そのあとは怒涛のごとく過去の作品のDVD鑑賞。以下観た順に。

花様年華」(2000年)
218WMYHRQAL__SL160_AA115_.jpg


「2046」(2004年)
hmv_1583802.jpg


「ラストコーション 色・戒」(2007年)
starrecords_vtbf5087.jpg


「インファナルアフェアⅠ」(2002年)
hmv_1902522.jpg


「インファナルアフェアⅡ」(これは出ていないけど)
ggking_pcbe-52240.jpg


「インファナルアフェアⅢ」(2003年)
starrecords_pcbe52241.jpg


恋する惑星」(1994年)
519VGDYNMML__SL160_AA115_.jpg


ブエノスアイレス」(1997年)
hmv_142314.jpg


「欲望の翼」(1990年)
telaffy_uasd-45380.jpg





「花様年華」はレンタル期間中に7回鑑賞。
そのあとの作品も3、4回は鑑賞。 

「ブエノスアイレス」と「欲望の翼」はレンタルしてなかったためヤフオクで落札。
「2046」は映画としては「うーーん」と思ったけど、やっぱりウォンカーウァイ監督の作品はひとコマひとコマがポストカードしたいくらい綺麗な映像。なのでヤフオクで写真集を見つけた時は心が躍ってしまった。即落札。
「花様年華」もスペシャルエディションを落札してしまった。

「欲望の翼」「花様年華」「2046」が3部作と言われていますが、雰囲気はどれも異なる。
「欲望の翼」では最後それまでの話とは脈絡なく唐突にトニーレオンが(ギャンブラーという設定)めかしこんで出かけるシーンがでてくるのだけど、たぶんこれはそれまでの話との間に数年のブランクがあって、「花様年華」が展開している。
このシーンはたぶん「2046」のストーリーの直前のシーン。
「花様年華」後のマギーと過ごした日々を忘れられない傷心のトニーの姿であり「2046」での遊び呆け女性を口説きまくる姿ともつじつまが合う。
キャラだけじゃなく、話のテーマ的にも、すれ違いの実のらぬ恋や過去を忘れられぬ恋を描いているという点で一貫しているし。
でもこれはあくまで私の推測ですが。

とにもかくにも、
トニーはどの作品でも全く別の表情を見せてくれる。
ほんとうにすごい役者だと思う。

彼が煙草を吸うと、煙ですら色っぽく見えてしまう。
みなさんおっしゃるようにあの目にやられてしまうのです。痛ッ

彼本人に惚れてるのか、演技に惚れてるのか・・・
わからないけど、釘付けになってしまうのですよ。

さて次は何をみようかしら。









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
人気ブログランキングへ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。